デジタル技術を取り入れ、新しい分野に取り組む菱三印刷株式会社[兵庫県神戸市]
菱三印刷[印刷会社 神戸] 菱三印刷[印刷会社 神戸] サイトマップ 菱三印刷[印刷会社 神戸]サイトポリシー 菱三印刷[印刷会社 神戸]
ホーム 菱三印刷[印刷会社 神戸]会社案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]印刷事業案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]デジタル事業案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]お問い合わせ 菱三印刷[印刷会社 神戸]
はなしのねた
ホーム > はなしのねた> 国民の祝日が変わる? 他

Ryosan Information 〜はなしのねた〜

PDF この「はなしのねた」の
PDFをダウンロードする

国民の祝日が変わる?
 昨年から海の日と敬老の日が第3月曜日に改正され3連休が多くなりました。すべての祝日が月曜日になればと思う人は多いはず。しかし、残念ながら元日、春分の日、建国記念の日、みどりの日、憲法記念日、秋分の日、天皇誕生日、この7つの祝日はその日でなければ意味がなく、日にちを変えることはできません。
 残っているのはこどもの日、文化の日、勤労感謝の日の3つだけですが、こどもの日はゴールデンウィークの一員、変えられては困ります。また文化の日は昔の明治節、明治天皇の誕生日を記念して制定された日ですので変更は難しいかも知れません。残された1日、勤労感謝の日に期待を寄せたいところです。

 さて、本題の暦ねたに入ります。来年の祝日で一部間違った表記をされているカレンダーが、ネット上に出回っているそうです。それは3月20日の春分の日に関わるもので、その日が日曜日のため翌21日が振替休日となるところを、誤って21日が春分の日と表記されているようです。年14日ある国民の祝日の中で、何月何日になるかを規定していないのが、この春分の日と秋分の日の2つだけです。秋分の日がほとんどの年が9月23日で、9月24日になるのはごくまれですが、春分の日は3月20日と21日が頻繁に入れ替わります。昼と夜の長さが最も差のない日とされている両日ですが、これらの日は前年の2月1日以降の官報に掲載され、決定という運びになります。従って今の時点では、再来年の春分の日と秋分の日は、決まっていないということになります。
 しかし、現在では計算上で出てきた答えが狂うことがないため、数年先のカレンダーに掲載されている両日はほぼ間違いありません。

 祝日に関してもう一つ。過去2回、国会で審議されながら、時間切れのため廃案となった「昭和の日法案」というのをご存知ですか?。現在4月29日は「みどりの日」として昭和天皇の誕生日を記念して制定された日ですが、激動の時代「昭和」を風化させないよう「昭和の日」と名前を改めるという法案が「昭和の日法案」です。その代わりに今ある「みどりの日」は5月4日に引っ越しをします。この法案は継続的に審議されていますので、いずれ可決されることでしょう。
  ここで5月4日が祝日になってしまうと、国民の休日はなくなるのという疑問にぶつかります。5月4日は何気なしに休日として扱われていますが、「祝日と祝日の間の日が日曜日以外の日ならばその日を国民の休日とする。」という規定により休日になっている日です。すなわち5月3日と5月5日が祝日のため5月4日が日曜日以外なら、その日は国民の休日となるわけです。5月4日はいつも国民の休日と思っていたのですが、実は日曜日の時は国民の休日とは呼ばないそうです。カレンダーも国民の休日と表示しないよう気をつけなければなりません。

 さて、敬老の日が9月の第3月曜日に変更となったおかげで、9月21日が月曜日となり23日が秋分の日になる年は、上記の規定(祝日と祝日の間の日曜以外の日)により9月22日は国民の休日となるのです。5月4日だけと思っていた休日はこんなところにもあったのですね。某テレビ番組でも2009年にこの現象が現れると紹介していました。
話は戻りますが、「昭和の日法案」が通れば、次のような点が変わります。

  4月29日は名称が「昭和の日」に変わります。
 5月4日は名称が「みどりの日」に変わり国民の祝日になります。
 5月3日〜5日までのいずれかが日曜日になった場合、5月6日は振替休日となります。

  そろそろ来年の社内休日表を作成する時期です。来年は大丈夫でしょうが翌々年以降の動きには十分に注意しましょう。
元祖ブルートレイン「あさかぜ」廃止
長距離を時間かけて優雅に日本列島を旅してみたいという気持ちを思いふくらませたものです。そんな思いに応えてくれたのが機関車とさまざまな客車列車を連接させたブルートレインでした。青地に白い横ラインの入った車両デザインが、当時は一般在来線とは一味違って新鮮に見えました。
「あさかぜ」は昭和31年に日本で初めて全室冷暖房完備の個室寝台や食堂車両を連結するなど、「走るホテル」と呼ばれ東京と九州を結ぶ夢の寝台特急として活躍しました。当時としては深夜に京阪神間を運行する画期的なダイヤで遠距離を直結し東京━博多間を約17時間半で運行していました。安い運賃で夕方出発して翌朝に目的地に到着するという優雅で経済的な交通手段として人気を集めました。

  しかし、時代の流れと機械の進化によってさまざまな情緒あるものが失われる今日、寝台特急もやがて姿を消してしまう運命なのかも知れません。

JR東日本などは、ブルートレインのさきがけとなった寝台特急「あさかぜ」(東京−下関)を2005年3月1日のダイヤ改定の際に廃止する方針を決めました。
現在では、のんびりとした旅客列車の長旅は時代遅れにあつかわれ、乗客も時間短縮を優先す るようになりなした。結果、新幹線や飛行機のスピードと利便性に乗客を奪われ、乗客は急速に減少。ここ数年の平均乗車率は約30%と低迷していたようです。
  また、「あさかぜ」にとどまらず、東京と長崎を結ぶ「さくら」も廃止される方針で、東京駅発のブルートレインは風前のともしびとなってしまいます。このほかに寝台特急としては上野−札幌間のカシオペアや、東京−出雲間(鳥取)のサンライズ出雲などブルートレインとは呼べない後発車両は今後も運行されますが、寝台特急の元祖モデルは近いうちに姿を消してしまいそうです。興味のある方はお早めにご乗車ください。
お寿司のはなし
 ● 回転寿司を考えたのは?
 回転寿司の考案者は、大阪の白石義明さんと言われています。
 白石さんは、大正2年愛媛県生まれ。昭和14年に中国満州に渡り昭和22年に日本に戻り、東大阪で「元禄」という和食店をはじめました。店をはじめてから2年目の昭和24年、人手不足で悩んでいた白石さんは、ビール工場でベルトコンベアーに乗ってグルグルまわって来るビール瓶をたまたま見た瞬間、閃くものがあったそうです。
 さっそく、小型のベルトコンベアーを注文し、昭和25年調理場から料理をベルトコンベアーに乗せ運ぶ「回転式食事台万式」を店に設置しました。その後、白石さんは、昭和33年東大阪市布施に「元禄」の支店をオープンし、新しい店のメニューは寿司だけにしぼり、セルフサービス方式にしました。これが日本の回転寿司店第一号なのです。

 ● なぜ、握りずしは「一カン」「二カン」と数える?
 寿司は、本当は一個、二個ではなく、一カン、二カンと数えます。なぜ「カン」という単位で教えるようになったのはいつからなのか不明ですが、一説には、お金の単位が「貫」だった江戸時代の名残りと言われています、寿司一個の値段が一貫だったからです。また巻物の単位の「巻」が、そのまま使われたとも考えられます。
 海苔巻きは一本、二本と教え、それを切れば一切れ、二切れと単純なのですが、握り寿司を一カン二カンと教える理由は、この二つの説が有力とされます。

  なぜ、ご飯を「シャリ」という?
 寿司屋では、上等のお米で炊いた寿司飯のことを「シャリ」と呼びます。語源は仏教用語で、お釈迦様の骨のことを「舎利」、または「仏舎利」と呼ぶことに由来するそうです。
 仏教では、「舎利」(骨)は土にかえると、めぐりめぐってイネ、ムギ、アワ、キビなどの穀物になり、人々を助けてくれるという説があります。小さくてもひときわキラキラしていて大事なものということから寿司飯のことも舎利というようになったといいます。

  なぜ、キュウリをカッパと呼ぶの?
 寿司屋では、キュウリの海苔巻きのことを「カッパ巻き」と言います。
 キュウリが「カッパ」と呼ばれるのは、「河童の好物はキュウリ」という迷信に由来しています。またキュウリの切り口が、カッパの頭に似ていることから、カッパの好物はキュウリと考えられるようになったとも言われています。今でも、神社の夏祭りには、キュウリをお供えするところが多くあります。これは、夏は水害や水の事故が多いこともあって、夏祭りが水神の化身である河童と深く結びついているためだそうです。河童とキュウリの結びつきの多さが、キュウリを用いた寿司を河童巻きと言われるようになった語源だと考えられています。
右脳と左脳
 脳は言わずと知れた私たち人間の精神・行動を司るコントロールセンターです。そして人間の脳は右脳と左脳に分かれていてそれぞれ違う働きを持っています。左脳の働きは、右手の運動、計算処理、言語力等があり、右脳の働きには左手の運動、音楽感覚、空間認識力があります。では人によって「利き手」があるように、脳にも「利き脳」があることをご存知ですか?

利き脳チェック
まず腕を組んでみてください。どちらの腕が上になりますか?どちらの腕が上に来るかで、その人の利き脳、つまり左右のうちよく使っている脳が分かるといわれます。右腕が上に来る人は左脳の働きがよく、論理的で判断力に優れているタイプです。一方、左腕が上の人は右脳の働きがよく、直感的で創造力に優れているタイプです。

 男女の性別で脳の働きも違うといわれます。男性は女性に比べ右脳が発達し、女性は左脳が発達しています。これは、男性が立体に対する空間認識に優れ、女性が言語能力に優れていることを示しています。本能や情緒行動をつかさどる細胞の数は男性の方が多く、女性の脳は歳をとっても男性より萎縮しにくいという分析結果もあります。

私たちは通常、計算をするときはおもに左脳を使います。これは数も言語の一種だからです。
 そろばんの上手な人は計算能力が高いので特に左脳が発達していると考えられがちですが、そろばんの上手な人は、頭の中でそろばんを思い浮かべて計算することができるので、右脳が他の人よりも発達しているそうです。
 ピアニストやバイオリニストのようなプロの演奏家は特に右脳が優れているように思えます。ところがプロの演奏家は左脳が優れているそうです。音楽を演奏するにはメロディだけでなく、曲のテンポやピッチ・構成などを分析する力がなくてはいけません。これは左脳の働きですね。こういった方たちは、右脳左脳を同時に働かせることができるのでコンピュータにも負けない速さと正確さで物事が処理できるのです。

 脳の持つ能力を最大限に発揮するため右脳と左脳を共働状態にするにはどのような訓練をすればよいのでしょうか?
 効果的なものでは「過剰学習」があります。例えば英語の単語を10回かかって覚えたのならあと5回だけ余計に覚える方法です。はじめは左脳だけが働いていたものをあと5回の過剰な学習によって、覚える力を右脳に働きかけるのです。この結果、英語の単語が言語としてだけでなく、イメージとしても捉えられるわけです。
他にも、簡単な方法として左脳を鍛えるのならば、楽器を弾いたり、他人とコミュニケーションをすること、右脳を鍛えるのなら、左手で歯を磨いたり携帯メール打つ、速読などが効果的だと言われています。

 皆さんも自分の利き脳を知って、より脳を活性化させるために是非チャレンジしてみて下さい。
会社概要・沿革
設備概要
FSC森林認証
プリプレス
プレス
ポストプレス
各種印刷製品
ホームページ
3D/CG・アニメーション
プレゼンテーション・CD-ROM
その他デジタル製品