デジタル技術を取り入れ、新しい分野に取り組む菱三印刷株式会社[兵庫県神戸市]
菱三印刷[印刷会社 神戸] 菱三印刷[印刷会社 神戸] サイトマップ 菱三印刷[印刷会社 神戸]サイトポリシー 菱三印刷[印刷会社 神戸]
ホーム 菱三印刷[印刷会社 神戸]会社案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]印刷事業案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]デジタル事業案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]お問い合わせ 菱三印刷[印刷会社 神戸]
はなしのねた
ホーム > はなしのねた> 時候の挨拶用語 他

Ryosan Information 〜はなしのねた〜

PDF この「はなしのねた」の
PDFをダウンロードする

時候の挨拶用語
私たち印刷会社は、いろいろな挨拶文書に出会います。結婚、就任、転任、転居、喪中、年賀、暑中などの一般的な挨拶状類、招集、イベント、キャンペーンなどの案内文書、そして一般的なビジネス文書などが代表的なものです。その中で使われている時候の言葉を含む書き出し;部分にいつも悩まされています。大雪が降ってこれからが冬本番と思われる時期に「初春の候・・・」と不思議な気持ちで挨拶文を書いた覚えはありませんか? 「暦の上では」というニュースをよく見るのは、旧暦の伝統にこだわっている日本人の特徴なのかも知れません。今回は一般的に挨拶文に使われる時候の用語と、それらに続く用語をご紹介します。
用  語
1月 賀正、頌春、冷雨、氷柱、年頭、霜柱、新年、新春、迎春、中冬、寒冷、初春、厳寒、厳冬、酷寒、朔風、寒風
2月 初春月、余寒、立春、晩冬、雪消月、雪解け、節分、春寒、残冬、残雪、残寒、向春、初花月、厳寒
3月 春分、桜月、早春、浅春、春陽、春暖、春雪、春色、春雨、水ぬるむ
4月 花信、晩春、暮春、鳥来月、陽春、仲春、惜春、春和、春雷、春眠、春風、春日華麗、春暖、春色、春光、麗春、春陽、桜花爛漫、春風駘蕩
5月 晩春、緑風、立夏、葉桜、万緑、薫風、軽暑、五月雨、青葉、鮮緑、暮春、惜春、新緑、初鰹、初夏、若葉、更衣、向暑
6月 長雨、立夏、孟夏、麦秋、薄暑、梅雨、入梅、霖雨、小夏、首夏、向暑、向夏、陰雨、青葉、初夏
7月 酷暑、猛暑、朝露、仲夏、大暑、盛夏、灼熱、炎熱、炎暑
8月 立秋、晩暑、晩夏、新涼、盛夏、残暑、残夏、残炎、炎暑、秋暑
9月 初秋、涼秋、残暑、秋気、秋色、秋冷、早秋、立秋、新秋、新秋快適、新涼、清涼、爽秋、初露、秋涼
10月 秋涼、秋雨、紅葉、錦秋、寒露、秋冷、仲秋、菊香薫る、清秋、爽秋、秋冷爽快
11月 夜寒、季秋、落葉、暮秋、晩秋、霜秋、霜寒、雪待月、深秋、初霜、向寒、霜降月、冷雨
12月 寒冷、木枯らし、忙月、短日、初冬、師走、極月、寒気、歳末
  たくさんありますね。よく見かける言葉、ほとんど見たことのない言葉、お洒落に感じる言葉、語呂が合わない言葉。こんなにたくさんある言葉でも、文章や内容に合わせて使い分けるのが大切で、うまく使えてこそ文章が上手だなと思わせるのです。時候用語を使う際、気をつけなければならないのは、春夏秋冬の文字が入っている用語の使い方です。立春、立夏、立秋、立冬を境にどの季節かが決まりますので、それを無視した使い方はやめた方がよいでしょう。ただし年賀状だけは年の始まりを春の始まりとしていますので、新春・迎春・頌春などの用語を使うようです。
時候用語に続く言葉にもたくさんありますが、次の3通りを覚えておけば大丈夫でしょう。
一般的なスタイルが「拝啓 ○○の候」、少し堅目でかしこまった文書を送るときは「拝啓 ○○のみぎり」、少し柔らかく感じる「拝啓 ○○の季節となりましたが」。
「暦の上」ばかりが気になるあなた、上の表の中には時期はずれっぽくみえるものが多くありますので、うまく使い分けて、センスのよいところを見せて下さい。
トヨタの車名
10数年前トヨタ自動車がCElSIORを発売した頃、トヨタ車の名前はアルファベットのCから始まる車が多いなと思ったことがあります。
CENTURY、CROWN、CHASER、CRESTA、CELICA、CAMRY、CORONA、CARINA、COROLLA、CALDINA、COLSA、まだあったかも知れません。
単なる偶然ではなく明らかに戦略的なものを感じていました。調べてみるとやはり訳がありました。
30数年前トヨタ車はクラウンとコロナの2種だけだったそうです。 
3番目の車としてもっと経済的で大衆的な車を発売することになり、PUBLICA(パブリカ:パブリックカーを縮めた名称)を発売しました。しかしその売れ行きは思わしくなく、それ以後の車名はCで始まる名前にしようと決めたのです。
世界のトヨタでも縁起をかついでいるような気がして、このねたをご紹介しました。
紫外線に気をつけよう!
 季節も初夏を迎え屋外での行楽やスポーツを楽しむには絶好の時期をになりました。でも、屋外での活動で怖いのが「日焼け」。特に最近は紫外線による日焼けが、皮膚がんや白内障をひきおこすということがクローズアップされてきています。以前は日光浴が身体に良いものだとされ、母子手帳にも日光浴をするように書かれていました、この記述も一部の地域ではなくなっています。

紫外線ってなに?
太陽光線には波長で分けると「紫外線」「赤外線」「可視光線」の3種類の光があります。
明るくなるのが「可視光線」。目には見えないけど地球を暖かくするのが「赤外線」。そして問題の「紫外線」も目には見えず、人の肌には日焼けをおこします。そしてこの紫外線も波長別に3種類あります。

■ 長波長(UVA)
波長が321〜400nm(ナノメートル:100万分の1メートル)。太陽紫外線のうち90%を占める。太陽がもっとも高くなる5月ごろに多く、冬の間は約半分になる。UVAでの日焼けは「サンタン」と呼び、あまり肌が赤くならず、あとで黒っぽい色素沈着が起こる。 シミやシワの原因。
■ 中波長(UVB)
波長が291〜320nm。UVAの線量の10%程度しかない。オゾン層が薄くなる8月ごろにもっとも多くなる。UVBでの日焼けは「サンバーン」と呼ばれ、赤くなるだけでなく、表皮がむけたり水ぶくれできたりする。 皮膚がんの原因。
■ 短波長(UVC)
波長が290nm以下。オゾン層によりほとんどが吸収され地表には届かない。しかし、人工的にUVCを放出させて殺菌灯に利用されるほどその殺菌力は強く、人体にも悪影響を与える。


紫外線対策

こんなに悪影響の多い紫外線。でもまったく日にあたらずに生活する事は不可能ですね。屋外での活動ではなるべく帽子をかぶりサングラスなどで予防をしましょう。素肌への紫外線を予防するためには長袖をお勧めします。でも、流行のファッションに敏感な女性にはそうもいかないのが女心。そこで登場するのが「日焼け止め化粧品」です。 日焼け止め化粧品にはUVAを吸収するタイプとUVBを吸収するタイプがあり、それぞれ配合されている薬品が違います。

○ UVA吸収タイプ ・・・ t-ブチルメトキシジベンゾイルメタンなどを配合。
○ UVB吸収タイプ ・・・ メトキシケイヒ酸オクチルなどを配合。

これらの薬品はそれぞれの波長の紫外線を吸収して化学変化をおこして再放出させる働きがあります。これ以外にも酸化亜鉛や酸化チタンといった金属の微粒子化合物の粉末を肌に塗ることによって紫外線を肌の上で散乱・反射させるタイプもあります。


SPAとSPF

市販されている日焼け止めには「SPA」と「SPF」の表示があります。これはその製品の特性を表示しているものです。
○ SPA
Sun Protection grade of UVAの略。紫外線UVAを防ぐ指標。3段階で表示される。このSPFは日本国内だけの基準です。
PA+   : UVA防止効果がある。
PA++  : UVA防止効果がかなりある。
PA+++ : UVA防止効果が非常にある。これが最高ランク

○ SPF
Sun Protection Factorの略で、紫外線UVFを防ぐ指標。国内だけでなく世界標準。
SPF20以下 : 日常生活に適する。
SPF20〜30 : 通常の外出に使用。
SPF30以上 : スポーツ・水泳など屋外での長時間の活動に使用。
SPFの後の数字は、日焼け止めをまったく塗らなかった場合より、塗った場合の防止効果を倍数で表示しています。
例えば、SPF30であれば、何もつけないときの3倍の時間、おなじ紫外線量を浴びても日焼けが防げるということになります。

 このなかで注意したいのが肌荒れ。日焼け防止効果の高い製品は肌荒れおこしてしまいます。これらの薬品の特性や効果を考えて季節や時間によって使い分け、紫外線から素肌を守りましょう。

ローマ教皇
 2005年5月19日、ドイツ出身のヨーゼフ・ラツィンガー枢機卿が第265代ローマ教皇「ベネディクト16世」に教皇選出会議(コンクラーベ)で選出されました。選出時の年齢は過去300年間で最高齢。また、ドイツ人の教皇は1000年ぶり6人目になるそうです。世界的には超有名人ですが、クリスチャンの少ない日本国内では詳しく知っている方は少ないと思います。
このローマ教皇とは、キリスト教の一大教派であるローマ・カトリック教会(世界に信者が約10億人)の最高位聖職者で、政治的には世界最小の国家であるバチカン市国の元首です。
世界で最小の国家であるバチカン市国の総面積は0.44q2で、人口は812人(2004年4月現在)。公用語はラテン語であるため、教皇の発布する文書の正式版はラテン語で書かれていますが、日常的にはイタリア語が用いられています。日本語での国号表記は、バチカン市国だそうです。
教皇と法王
ところで、日本国内のニュースなどではローマ教皇ではなく「ローマ法王」と呼ばれています。政府の公式発表などでも「法王」が使われています。ところが、教会では必ず「教皇」を使用し、かつそれを使用することも求めています。ではなぜ日本では「法王」をつかうのでしょうか?
この二つの呼び名は、日本のカトリック教会の中でも混用されていました。そこで日本の司教団は、1981年2月のヨハネ・パウロ2世の来日を機会に、「ローマ教皇」に統一することにしました。「教える」という字のほうが、教皇の職務をよく表わすからだそうです。以来マスコミ各社には「ローマ教皇」という名称を使うように要請はしているようです。
しかし日本とバチカン市国が外交関係を樹立した当時の定訳は「法王」だったため、ローマ教皇庁がバチカン大使館を「ローマ法王庁大使館」と申請しました。
2005ロイター
Alessandro Bianchi から
 一度日本政府に登録した名称は、政変が起きて国名が変わるなどしない限り、変更できない決まりがあります。そのため最初に登録された「法王」が正式となっています。マスコミもこれにならい、相変わらず「法王」の名称を使用しているようです。
すこしややこしいので、できれば「教皇」に統一してもいいのではないでしょうか?
会社概要・沿革
設備概要
FSC森林認証
プリプレス
プレス
ポストプレス
各種印刷製品
ホームページ
3D/CG・アニメーション
プレゼンテーション・CD-ROM
その他デジタル製品