デジタル技術を取り入れ、新しい分野に取り組む菱三印刷株式会社[兵庫県神戸市]
菱三印刷[印刷会社 神戸] 菱三印刷[印刷会社 神戸] サイトマップ 菱三印刷[印刷会社 神戸]サイトポリシー 菱三印刷[印刷会社 神戸]
ホーム 菱三印刷[印刷会社 神戸]会社案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]印刷事業案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]デジタル事業案内 菱三印刷[印刷会社 神戸]お問い合わせ 菱三印刷[印刷会社 神戸]
はなしのねた
ホーム > はなしのねた> 鼻づまりはなぜ起こる?

Ryosan Information 〜はなしのねた〜

鼻づまりはなぜ起こる?
 花粉症、かぜ、鼻炎などさまざまな原因で、鼻水・鼻づまり・くしゃみに悩まされている方は多いのではないでしょうか? 私自身、三年ほど前から鼻水・鼻づまり・くしゃみに悩まされ、年々ひどくなってきているような気がします。
一年を通してずっと続いていることを考えると花粉症ではなく鼻炎が原因のような気が…。まっどちらにせよ、鼻水・鼻づまり・くしゃみは不快なものにはかわりありません。

鼻は空気の通り道で、空気を通しながら中のホコリを取り除いていることは皆さんもご存知だと思います。鼻の中は空洞が広がっており、この空洞を「鼻腔」といいます。鼻腔の表面はヒダ状になっていて、粘膜で覆われています。この粘膜で、ホコリを取り除くだけでなく、空気を体温近くに温めたり、湿り気を与え、のどや肺の粘膜を乾燥から守ってくれています。
鼻づまりは鼻腔の粘膜のヒダが腫れることで起こります。粘膜が腫れる原因には2種類あり、カゼなどウイルスが引き起こす炎症と、花粉などに対するアレルギー反応があります。 鼻の中にウイルスや花粉などが侵入すると、粘膜が刺激を受けて追い出そうとします。これが「くしゃみ」です。
くしゃみをしても追い出せなかったウイルスが繁殖してしまうと、こんどは粘膜から粘液を出して追い出そうとします。これが「鼻水」です。 しかし、抵抗力が落ちていたり、鼻の粘膜が乾燥していたりすると、ウイルスが鼻腔の粘膜の細胞に入り込み繁殖してしまいます。すると粘膜が炎症を起こし、腫れるため、鼻腔がふさがれてしまいます。これが「鼻づまり」です。
また、鼻腔を左右に分けている「鼻中隔」が曲がっていると空気の通りが悪くなるため、鼻づまりになりやすくなります。

さて、鼻づまりが長く続くとどのような症状を引き起こすのでしょうか?
・「のどの痛み」・・・呼吸が鼻でできず、口だけになってしまうため、乾燥した空気が直接のどに入り、のどに負担がかかってしまいます。
・「いびき」・・・空気の通り道が狭くなり、いびきの原因になります。
・「集中力の低下」・・・睡眠不足や吸収する酸素の量が減ることで、脳の働きに影響し、集中力が低下してしまいます。
・「感染症になりやすい」・・・鼻から入ってくる空気に十分な湿度を与えることが出来ず、鼻から肺まで乾燥し、菌やウイルスが繁殖しやすく感染症になりやすくなります。

今回、「鼻づまり」について調べてみて少し心を入れ替えました。今まで、たかが「鼻づまり」と、鼻水・鼻づまり・くしゃみに悩まされながらも、鼻炎の薬にたよりながらごまかしてきましたが、快適な毎日を過ごすためにもこれを機会に一度耳鼻咽喉科で原因を調べてもらおうと思います。
会社概要・沿革
設備概要
FSC森林認証
プリプレス
プレス
ポストプレス
各種印刷製品
ホームページ
3D/CG・アニメーション
プレゼンテーション・CD-ROM
その他デジタル製品